広報のある病院の広報

小笠原クリニック札幌病院と病院の外の話をします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

引越しします

この「広報のある病院の広報」を移設しました。
URLは
http://ogakouhou.exblog.jp/
です。

スポンサーサイト

PageTop

「junk」は「くず、がらくた」の意

好評の「記事紹介」は継続します。
「ジャンクフード税」はインパクトありますね。

東欧で肥満児急増 体操教室流行・ジャンクフード税導入(朝日新聞2010年3月16日)

 東欧諸国で肥満児が急増している。東西冷戦後の20年で米国的な食文化が定着し、揚げ物や甘みの多い食品をたくさん食べるようになったからだ。ファストフード店をやり玉に挙げる動きもあるが、子どもたちの好物で安価だけに、習慣を変えるのは簡単ではない。

ルーマニアの首都ブカレストの大手ジム。夕方、母親に手を引かれ子どもたちが続々とやってくる。子ども向けの「体操教室」だ。「休んじゃだめよ!」。コーチのかけ声と軽快な音楽に合わせて約1時間、子どもたちは顔を真っ赤にして体を動かし続ける。

 運動後には食育の授業もある。週3回で月謝50ユーロ(約6200円)は1カ月の平均賃金が約450ユーロ(約5万6千円)の同国では安くないが、現在会員は5~12歳の25人。同様の教室は増えている。

 ルーマニアではかつて肥満は「豊かさの象徴」だった。東西冷戦期、粗食を強いられた庶民の間ではなおさらだった。それが、1989年のチャウシェスク政権崩壊後、食生活が一変した。

 ブカレストの研究機関によると、現在、国民の4人に1人が肥満。特に子どもで急増し、冷戦時代の2倍以上の8%に上る。肥満の一歩手前の「太りすぎ」も含めると、5人に1人が生活習慣病のリスクを抱えているという。

 調査したコンスタンチン・ヨネスク教授(69)は「ファストフード店の急増で高カロリーの食品を安く食べる習慣が根づいた」と指摘する。欧州連合(EU)加盟国の中で「最低ランク」の生活水準とされる同国では、所得の低い家庭ほどファストフードを利用する傾向がある。

 ルーマニア政府は1月、業界の反発を押し切って「ジャンクフード税」導入方針を発表した。ブルガリアやスロバキアでも肥満児急増が問題になっており、ブルガリア政府は昨秋、全国の学校の食堂や売店からスナック菓子、清涼飲料水を撤去させた。

 EUも昨年から年間9千万ユーロ(約108億円)の予算を設けて、加盟27カ国の小学校で果物や野菜を与える助成を始めた。(ブカレスト=玉川透)

PageTop

時間との珍しい戦い方

ボス語録のひとつです。最近聞きました。

「暇に耐えろ」

新規に着手した仕事が軌道に乗らないと不安になると。
周囲からも白い目で見られるし。

すると従来の仕事に戻ったり、他人の仕事を手伝ったりしてしまうものです。
身に覚えがあります。
そうすると新規の仕事は結局は失敗するか、もしくは形になっても大したものにはならないということです。

ボス曰く、カリスマ医師といわれるような医師のほとんどは、この耐え難い「暇」に打ち克ってきたそうです。

PageTop

お笑い批評「その1 アメトーーク」

「アメトーーク」と「○○な話」は、非常に似ていると思います。

要するに
芸人さん、自己紹介番組
ですね。

同じトーク番組でも、「さんま御殿」や「行列のできる法律相談所」は、
他人紹介
となります。

この分類は、
「アメトーーク」の面白さの原因に、司会の雨上がりの決死隊さんは何%ぐらい寄与しているのだろう?
という疑問が発端です。
「御殿」と「行列」にさんまさんと島田さんは不可欠だよなあ
と。

そうなると「○○な話」の面白さに対する松本さんの寄与度は、さんまさんや島田さんより低く、雨さんより高い、となるでしょうか。

すると寄与度がきちんと年代順に並びました。
お笑いも年月とともに変化しているのですね。

PageTop

ギネス1パイントからウーロンハイへ

IMG_7518.jpg
 結構大きなグラスです。たためば手のひらがすっぽり入るほどです。

 スコットランドのエジンバラに旅行したとき、そのころはジョギングの習慣があったので、朝食前の午前6時に宿を出て、合羽を着て雨の古都の飲み屋街を走っていたら、バーの前に落ちていました。

 酔って店を出たら手にこのグラスがあるのに気が付いて、申し訳ないけど戻るのは面倒だからそこに置いといた――そんなイギリスの酔っ払いを想像したら、おかしくて、拾って合羽のポケットに入れてまた走り始めました。

 旅はまだ続くし、しかもスーツケースじゃなくてリュックだったので、一生懸命梱包したら無事輸入できました。
 もう12年も愛用しています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。